トップコートを塗る・塗らないでシールのもちを比較してみました!

投稿日: カテゴリー: ネイル

こんにちは!ユアネイルのnamiです。

みなさんは、ネイルシールを貼るときにトップコートを塗っていますか?
私は気分によって塗ったり塗らなかったりなのですが、
実際にどれくらいもちが変わってくるのだろうと思い、左手だけトップコートを塗って過ごしてみました。

それでは、ネイルシールを貼ってから7日目の爪をご覧ください!

 

トップコートなし(7日目)


こちら、すでに薬指は貼り直した上での写真なのですが、全体的にかなり爪先が剥がれてきています。

やはりシールは貼ってあるだけで固めているわけではないので、爪先からどうしても削れてきてしまうんです。
ここまで剥がれるとやはり見た目が悪いので、剥がしたくなってしまいますね。
(心にとても余裕があるときはポリッシュを上から塗ってフレンチっぽくアレンジするときもありますが、大抵は面倒で剥がしてしまいます。。)

 

トップコートあり(7日目)


そしてこちらはトップコートを塗った方の手!
あれ、とっても綺麗!!親指がすこーし剥がれてきていますが、その他の指はほぼ気になりません。
7日もシールを貼っていると、やはり爪自体が伸びてくるので、その分がうっすらと見える程度です。

 

トップコートを塗る / 塗らないでかなりの差がありました

比べてみると、トップコートを塗った場合と塗らない場合での差は一目瞭然でした。
なので、ユアネイルのもちが悪いなーと思っている方は、ぜひ1度お試いただきたい…!

シールは爪先のほうから剥がれてくるので、トップコートを塗る場合も、
まず爪先をカバーするようにひと塗りし、その後全体に塗るようにすると、よりもちがよくなります。

トップコートは速乾性のものも多いのと、クリアなので多少塗りムラがあっても気になりません。
追加でかかる時間は乾く時間を入れても10分くらい。
この10分が惜しいのよ…!というときもありますが、少し時間に余裕がある方は、ぜひ塗ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です