uni’que CEO若宮は本日就職いたしました。

投稿日: カテゴリー: ブログ
9月1日よりランサーズ株式会社に就職いたしました。

会社作って数ヶ月、しかも初めてのサービスのYourNailが3日前にでたところで就職するってどゆこと?

「何なの?やる気ないの?」

と思われた方もいらっしゃいますでしょうか。いいえ、やる気はありまくります。めりーくりすます。

 

 

「あ、お金なくなってライスワーク(食べるための仕事)ってわけね」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。いいえ、ケフィアです。

多くはありませんが当面大丈夫な資金はありますし、くいぶちというだけであれば正直社員にならずコンサルティング業務で社として受注するほうが手続きとか含めだいぶ楽なんです。

 

じゃあ起業したばかりで、色々と面倒なのに、なんで他の会社に社員として入ったのか?

理由は

1.複業社会を推し進めるため

2.自分のバリューをさらに増やすため

3.ランサーズのビジョンに共感したため

の3つです。

 

1.複業社会を推し進めるために就職してみた

uni’queは創業時点からワークスタイルとして、「マルチワーク」と「マルチオーナーシップ」というのを取っています。

特に「マルチワーク」、複業をすごく推し進めたいというのをもともと思っていて、そのために起業したようなところがあります。

 

なぜ、複業を推進するのか?

それは、uni’queが「女性の感性のアクセラレーター」を目指すカンパニーだからです。

 

僕は、女性が真に活躍しバリューを発揮できるには、複業が当たり前の世の中になる必要があると思っています。

 

いま、企業にいて、子供を授かったとします。産休や育休、時短など出産時のサポートもずいぶん増えました。女性が出産を終えたあとも復職できたり、フレキシブルに働ける世の中になったことは大きな前進だと思います。

 

ですが、僕は「時短」という言葉があまり好きではありません

「時短」という時、みんななんとなくバリューが0.5人前みたいなイメージを持って話す気がするからです。

子供を産み食事から洗濯から家事・育児をして、主婦業で立派にバリューを1人分果たして、その上で企業でも働いている。これってなんのことはない、「主婦業」との立派な複業ですし、普通の人に比べて2倍のバリューを出している、ワンダーウーマンなんじゃないでしょうか。

女性は男性に比べ、どうしてもライフステージによって時間的コミットが少なくなる期間があるかもしれない。ですが、時間的なコミットができないからってバリューが下がるのでしょうか。僕だってもういい歳です。いつ何どき、親の介護が始まるかもしれない。会社で働ける時間は減るでしょう。そうしたらバリューは下がるのでしょうか。そんなばかな話ないとおもうんです。

一方で日本は働きすぎと言われていて、なのに生産性はG7で最下位です。そろそろ時間の、量の呪縛から解かれるべき時ではないでしょうか。

 

そういった考えから、uni’queは全力複業カンパニーになることを決めました。複業していないと参加できない、それくらい尖ってやってみようと。(あ、もちろん主婦業との複業や学業と複業する中学女子なんかもウェルカムです)

そういう旗印を掲げているのに、代表が複業もしていないなんてすげえかっこ悪いなと。そういうわけで就職することにしました。

2.自分のバリューをさらに増やすために就職してみた。

僕は今回、ランサーズのpookという事業にjoinすることになります。

そもそもこの事業についてはいろいろと縁というか経緯もあるのですが、それはまた別の時にお話しするとして、pookはランサーズが0→1でチャレンジする事業です。一般のユーザー同士が、ちょっと得意なことや他の人のためにできることをやり取りし合う、サービスCtoCの事業で、正直まだ市場も黎明期です。

ランサーズは良い会社ですし、順調に業績も伸びております。すでにグロースフェーズに入り組織もどんどん大きくなっています。ですが、というか、だから、というか、あまり0→1で事業を立ち上げた経験のある人は多くありません。

その中では、on-goingで0→1事業の立ち上げをやっている、僕の視点を必ず役に立てることができると思っています。

もちろん、uni’queで僕は目一杯バリューを出すつもりです。ですが、ランサーズでもバリューを発揮できるなら、その方が僕が社会に届けるバリューは増えます。

僕は個のバリューは球体だと思っていて、企業やなにかの役割への所属はあくまで、それに対する一つのアスペクトでしかないと考えています。なのでそういう面を増やせば増やすほど世に還元されるバリューが増えます。これはゼロサムではなく増えます。このことも複業を推進する所以です。そういうわけで就職することにしました。

 

3.ランサーズのビジョンに共感したため就職してみた。

ランサーズとの出会いはたまたまで、2年くらいは前だったのですが、そのとき僕はDeNAで事業をしていたので、なにか一緒にやることはできませんでした。

ですが、ランサーズの「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンは、自分のビジョンともうほとんどぴったりと合っていて、ものすごく共感しており、定期的にお付き合いがありました。

とくに根岸さんとか、ちょっと変なとこも含めて好きなのですが、彼がランサーズにjoinするに至るとても大好きな話があって。「結果の格差はいい。機会の格差をなくしたい。」この言葉を聞いて、埋もれている個のバリューがもっとrealizeできるようにしたい、という自分の想いが地続きになりました。

 

そんな中、起業しました、という話をしたら、じゃあタレント社員というのがあるんだけど、と口説かれて、電源も借してくれるという。そういうわけで就職することにしました。

 

 

さてそんなわけで本日から会社代表兼会社員です。

二足のわらじ(実はもう二足くらい履いている気もする)でやるのは、もちろん色々難しい事はあると思いますが、社会実験というか人体実験というか、とにかくやってみて、事例になるしかないかなと思っています。

 

当然、uni’queの代表として、YourNailを始めとしたサービスで全力でバリューを届けていきます。

そして、pookも世の中に沢山のバリューを生み出す、良いサービスにします。

 

両サービスとも、応援いただけたらうれしいです。

 

 

 

uni’que CEO若宮は本日就職いたしました。” への5件のフィードバック

    1. Makiko_Kasuyaさん
      コメントありがとうございます!&気づかずすみません。。。

      共感いただきうれしいです。がんばります!

  1. 若宮先輩ちーーっすwwwwwミ ˙ㅿ˙ ミ
    こんなブログあったの今気づきましたwまたきまーすw

    1. ちょっとどなたかは存じませんがありがとうございます!
      タンクトップ着てまた来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です