YourNailをはじめた理由(まさかの前編)

投稿日: カテゴリー: ブログ

こんにちは。uni’que Inc.のwakaです。

8/29にuni’queの最初のサービスである、『YourNail』をリリースしました。

サービスを紹介すると、10人中10人に聞かれる質問があるので、今日はそのことについて書きたいと思います。

 

「なんでネイルのサービスをはじめたの?」

この質問には大体の場合、質問者の(おじさんなのに)っていう優しさで言わないでいてくれる本心が見え隠れしている事が多いのですが、まあそれはそうですよね。

ネイルは基本的に女性の繊細なおしゃれなので、急におじさんが「おらいつかネイルで世の中を幸せにするんだ!」とかいうと、ちょっとあれというか、厨二病ともちがうなに病なんだろうなーっていう気持ちも湧きますよね。

それでも、本人がなんというかユニセックスな感じでネイルも似合いそうなしゅっとした感じだったりすると、「わ、男性なのに素敵はあと」と納得してもらえるかもなのですが、
僕の場合、親の敵かというくらい深爪なので、なんでこの人が?っていう質問は納得感しかないです。

 

起業して最初にどうしてネイルのサービスをつくったのか、はざっくりいうと2つ理由があり、

1.事業性があると考えたから
2.強いユーザーのニーズがあると感じたから

です。1.から事業として考え始めたのですが、最終的に事業化までした理由は2.でした。

1.事業性

僕は思い返すと割と長いこと、モバイル技術を使ったサービスを立ち上げたり畳んだりをしてきたわけですが、最終的に自分でやってみたい、と思ったことがありました。

それはUGPサービスです。

といっても僕の造語なのでなんのことかわからないと思います。すみません。

UGC(User Generated Contents)という言葉があります。これはユーザーがコンテンツを作ったり、投稿したりするサービスで、CookpadからInstagramまで、インターネットによって生まれて、手軽に使えるスマホによって大きく普及し、メディアのあり方や生活を大きく変えた概念です。

僕はこの先が来ると思っていて、インターネットを通じてユーザーがコンテンツを作るだけでなく、自分でプロダクトをつくれる、そういうのが普通になるのではないかと思ったんですね。一人ひとりが自分好みのものをつくって他のひとと楽しめる、そういう世界、それをUGCをもじって、UGP(User Generated Products)と呼んでみたわけです。かっこいい

それで、そういう事業やサービスを色々考えました。3Dプリンターを使ってフィギュアやアクセサリーを作るサービスとか、服を作るサービスとか。それで最終的にエントリーの事業として、”ネイル”に至ったわけです。

事業性として考えていたポイントは

  1. 誰でも気軽にデザインができるもの
  2. 継続的なuse、フリークエンシーがあるもの
  3. グローバルを目指せるもの

という3点で、全てを満たすものは実はあまりありませんでした。その中で残ったのがネイルです。

 

2.強いニーズ

こういった思考実験の結果、ユーザーが自分でデザインできるネイル、というサービスアイディアに行き着きました。

そこで、知り合いのネイリストや素敵なネイルをしているネイル好きの人を見つけては、アイディアを話してみたわけです。

 

そこで得られた回答は想像以上のものでした。

「面白いし流行るかも。まあ私は使わないけど。」

ほとんどみんなこういう反応でした。理由をきくと

  • シールとか安くさい
  • サロンで人にしてもらうのはご褒美の時間な感じなのに、自分で貼りたくない
  • サロンでデザイン選ぶのも大変なのにわざわざデザインなんかしたくない
  • そういう女心がわかってない
  • だからおじさんってやつは

いやおじさんだって生きているんだからそこまで言わなくても、と思いました。

 

でもとにかく、長いこと新規事業立ち上げをしてきたなかで、これはやばいぞ、っていうアラートが頭のなかでぐるぐるとしました。

「アイディアは面白いね!(私は使わないけど)」っていうのはこれはもう絶対にだめなやつです。関西における「知らんけど」とはわけがちがいます。

コンセプトテストであなたはこのサービスをどう思いますか?って7段階できいてTOP2位までが8割を超えていても、出してみたら泣くほど使われない、新規事業をやってきて沢山経験したあるあるそのものです。

いくら面白い、といってもらえても、「私は使わないけど」っていうのは、端的にいうとニーズとはいえません

 

これはだめかー、と思いました。

そもそもUGPとか思いつきで考えてるからいけないんだ自分でネイルするわけでもないのにだいたいなんだその深爪っていうかそれ爪か縦横比おかしいだろ

そう自分を責めました。

生き写しの爪をした親父のことを責めました。

親父の、親父のせいで、親父がオレを、、こんな爪にしたんだ、だからこんなにいいアイディアなのに上手く行かないんだ。

あまつさえ、遺伝子のことを恨みすらしました。

 

(長くなったのでまさかの待て次号)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です